* #25 ゲームの館殺人事件 File.3 (最終回)


Rが終了してからもうすぐ1ヵ月…そろそろ書いて区切りをつけなきゃ。
最後はダラダラ書かずに簡潔にぱぱっと終わらせたいな。
…と思ってたのに結局長くなっちゃった汗
最後はお約束の愚痴もあったりします(笑)
過去のアニメの事件のネタバレ「魔神遺跡」「異人館ホテル」に
触れているのでオッケーの方はどうぞ。

霜村親子を殺害したゲームマスターは原作通り麦林美佳こと麦ママでした。
動機はゲーム参加者の中にいる麦ママの実の娘に霜村家の莫大な財産を残す為の犯行。
その実の娘が梢ちゃんだったという訳で。
事件現場でその相関図をホワイトボードに書きながらはじめちゃんが説明くれるんだけど、
その用意のいいボードはどこから持ってきたのかしら?(笑)
最終回ということもあって原作では現場にいなかった明智警視も登場!
遺産相続に関して殺す順番が重要なことを説明してくれるのでよく解かりました。
アニメの最終回は出られるキャラは登場させてくれるから嬉しいです。

3Dメガネを使ったトリック他は原作通りなので説明は端折りますが(笑)、
麦ママが若い頃、テレビの製作会社のプロデューサーをしていた頃に梢ちゃんの父親となる男性と出会い
梢ちゃんが生まれたのだけど忙しくてすれ違いの生活が続き(原作と違って籍は入れてなかったのかな?)、
その頃現れた霜村志保のお腹の中には生馬がいた…って、二股かけてたんねこの親父は。
原作よりも設定がドロドロしてたのは驚いたです。
そんなことはあってその男とは会わなくなり、女手ひとつで梢ちゃんを育ててたけど、
麦ママの製作会社が作った番組が事故を起こして莫大な借金を抱え、その結果詐欺を働き指名手配。
人生を終わらせる為に樹海へ入った時に先にそこで死んでいた本物の麦林美佳の免許証を見つけて戸籍を乗っ取り
整形手術を受けて麦林美佳になりすまし第二の人生を送るのは、
異人館ホテルの事件で犯人が自殺する為に訪れた場所で先に死んでいた人の戸籍を乗っ取り復讐を果たす訳だけど
それとよく似てたなぁ。
原作では悪女のイメージが強かったけど、原作で犯した2つの殺人事件がアニメではなかったので、
母と娘のドラマの要素が強く感じたので個人的にはアニメの方の展開がいいかなぁ。
経営してたスナックに偶然娘が働くことになって、まさかその店のママが実の母親とも知らず梢ちゃんから
母親の借金と騙された男に貢いだ借金とで自己破産できないほどの借金を抱えていたこと、
自分の人生は外れない知恵の輪のようだと聞かされ、霜村親子の莫大な遺産を受け取るように今回の犯罪を計画。
アニメでは麦ママは身体を壊すほどめちゃめちゃ働いて少しずつ梢ちゃんの借金を返していたんですね。
麦ママは自分の余命が残っていないことを知って、
同じ店でバーテンしていた杉潤が梢ちゃんのことが好きだってことも分かっていたので、
霜村親子の遺産を受け取らせて後のことは杉潤に任せるつもりだったのかな。
どんな理由があっても人を殺めることは決して許されませんが。
原作では入院中の麦ママを見舞った時に杉潤が梢ちゃんを自分にくださいってお願いするんだけど、
アニメではその描写はなく既に亡くなっていました。
これは魔神遺跡のアニメでも犯人の母親はラストは亡くなって後日談で娘が語るのは同じですね。

結局、梢ちゃんは莫大な遺産(100億)は受け取らず、同じような境遇の子供たちの為に全額寄付。
借金も頑張って返して、これからは杉潤と2人で生きていくと麦ママのお墓の前で誓う杉潤と梢ちゃんの2人。
青空の様に清々しく微笑む2人を見たはじめちゃんと美雪ちゃんも意識せずにはいられないよねぇ(笑)
腕も組みたくなりますわな(笑)
美雪ちゃん思わず、
「本当はずっと前から好きだったのかもしれないね(杉潤と梢ちゃん)。あんまり近くにいるから言えなかっただけで…」
と、まるで自分たちを重ねた様な言い方をしたのではじめちゃんも照れながら「…かもな」って。
それを聞いた美雪ちゃん超小声で「あたしたちみたいに」って、はじめちゃんに聞こえる様に言わなきゃー!(笑)
なんて、聞こえそうで聞こえないのがいちばん堪りませんな、私が(笑)
あと、あの後のちょっとした間?みたいなのが大好きなんですよーうっとりキャー
さーっと2人の横を風が通り抜けていくみたいな…
で、照れ隠し?の為先に走っていく美雪ちゃんを追っかけるはじめちゃん。
最終回ははじめちゃん、走るのがお決まりなのかしら?
ラストでほんの先の2人の未来が予感できる終わり方はすごく良かったです…って、
前作でどっちもお互い夫婦になる気満々なのが解かっているので(笑)、お互いにあと一歩踏み出す次第かな。
でも私はまだまだ2人はこのままでいて欲しいですけどね(笑)

ラストカットが麦ママの墓に置かれた、外れた2つの知恵の輪。
梢ちゃんが自分の人生は外れない知恵の輪だったと言ったけど、前途は多難であったとしても
これからの人生は外れない知恵の輪ではないメッセージが込められてていい終わり方でした。
Good-ByeではなくThanks...See youだったことも自分にとっては救われた思いです。
いつかまたアニメのはじめちゃんたちに会えるかも?って微かな希望が感じられる気がしてね。
原作が続いてストックが増える限り、希望は捨てないで待っていようかと思います。
邪宗館のラストをアニメで松野さんのはじめちゃんと中川さんの美雪ちゃんでみるまでは
諦めずに頑張って待っているので神様仏様アス坊様いぬ、どうかお願いしますありがとう
半年間の短い間だったけど、金田一のアニメの新作をみることができて本当に嬉しかったですハート
メインキャストが変らなかったのが何よりもいちばん嬉しかったーきゃーわーい
ラストはキャラデザの浅沼さんが作監だったので、絵はめちゃめちゃ安定していたので良かったです…が、
小さい絵は雑だったのが目に付きました汗…最後だけは手を抜いて欲しくなったのに残念です涙汗

それと主演の為のPVとしか思えず原作を汚しているとしか思えないドラマはもう二度と結構ですイライライライライライラ
アニメと同時期放送なのが本当に辛かった…泣く
主演や出演者や事務所の事情優先でしかない駄作はもう二度と作らないで欲しい。
作りたければオリジナルとして製作してくださいって言いたいです。
金田一のドラマも酷かったけど、後番のぬーべーも酷いってものじゃないですねイライライライライライラ
チープな衣装と着ぐるみ、しょぼいCGがないだけ金田一はマシだったしてもドラマは不要です!

あと個人的にコナンの視聴も金田一Rが終わったことで区切りをつけてみるのを止めることにしました。
元々金田一をみるようになったので同じ推理モノのコナンもまぁみてみようかと思って一緒にみはじめたけど、
土曜の18時に移動になってからは仕事の都合でリアルタイムでみれなくなってたし、リマスター多いし、
登場人物増えすぎて話についていけなくなったし、まじっく快斗も挟み込んで益々話が進まなくて
最近のコナン友さんと同様イライラしてたし(苦笑)
映画も客寄せのゲスト声優だか棒演技をされて幻滅したり、もうみなくてもいいかなと区切りを探していたところ、
まじっく快斗の新作がはじまったので、快斗はもういいよ…区切りに際してトドメを刺してくれたようです。
せっかく金田一と一緒にブランクはあってもみてきたコナンなので、嫌いになる前に一旦離れるのがいいかなと。
録画を残してる限りみたいと思った頃にまたみはじめてもいいし、
とりあえずコナンは区切りをつけてみるのを止めようと。
黒の組織のあの方の正体は新一パパか阿笠博士でいいよ(笑)
出版社とテレビ局は当分終わらせる気はないんだろうなぁ。

そんなこんなで金田一Rのアニメの感想もこれにて終了です。
最後まで感想らしい感想は書けず、最後の最後まで色々と愚痴が多くなってすみませんでした。
また金田一のアニメの感想を書ける日が訪れることを願って…感想を終わりたいと思います。
ここまで読んでくださって本当にありがとうございましたうっとりどうも
2014.10.25 Saturday * 23:03 | 金田一少年R(アニメ感想) | comments(0) | -
* スポンサーサイト
2019.08.09 Friday * 23:03 | - | - | -
Comment









<< 色々Get♪(*^-゚)v | main | 落雷のち停電 >>