* #24 ゲームの館殺人事件 File.2
ここのとこ落書きが続いちゃいましたが(笑)、
続きからFile.2の感想です。
感想よりも、はじめちゃんと美雪ちゃんのことについて
書きまくっているかも?いや書きまくってました(笑)

 

燃えさかる部屋から最後に脱出しようとした、はじめちゃん。
うっかり部屋のカギを机の下に落としてしまい、拾おうとして机に頭をぶつけた拍子に
上からは炎のついたダンボールが落ちてきて…
部屋の外では中々部屋から出てこないはじめちゃんを心配して呼び続ける美雪ちゃん。
他のゲーム参加者も心配している中、はじめちゃんに助けられたはずの生馬が
「自分の母親を見殺しにした報いだ」と、とんでもないことを発言したのを聞いた美雪ちゃん、
生馬の頬を思いっきり平手打ち!
助けてもらっといてその言い草はないよ怒り
平手じゃなくてグーパンチパンチしてやればよかったのにパンチパンチ
いっそのことパンチじゃなくてタイキックでも食らわしたいです、自分だと。
生馬への怒りと共に最悪の事態も覚悟していたのか、美雪ちゃんの目には大粒の涙が。
そんな中、ひょっこりはじめちゃんが現れて「心配したんだから」と泣きながら安堵する美雪ちゃん。
バカバカバカーって、ディープブルーの時みたく、はじめちゃんに抱きついちゃえばよかったのに(笑)

安心したのも束の間で、また次のゲームが開始され、今度は部屋にカップ麺が用意されていて、
それを食べないと部屋から生きて出られないので仕方なくカップ麺にお湯を注いで食べようとする一同。
ゲームマスターからは「毒に注意。この中の1人だけが毒で命を落とす」と警告があったので、
部屋の中に何故かあった魚が泳ぐ水槽の中にカップ麺のつゆを注ぎ、毒が入ってないか調べるんだけど
カップ麺のつゆがめちゃめちゃ真っ赤な激辛色びっくりビックリ(苦笑)
こんなもの水槽に入れられたら毒が入って無くても魚にはたまったものじゃないだろうな汗
確認を終えて毒が入ってないことが判ったので皆が食べ始める中、梢ちゃんだけが食欲がないからと
食べようとしなかったので、生馬が毒が入ってない確認済の自分のカップ麺を梢ちゃんに渡して
梢ちゃんが持っていたカップ麺を受け取って魚に毒見をさせてこれも大丈夫だと判り食べはじめたけど、
やっぱり梢ちゃんは食べようとしないので、食べないと脱出できないのでマツジュンなかった(笑)杉潤から
食べるように促されて渋々食べようとするんだけど、麦ママが突然、箸に毒が付いてる可能性があるかもと
言い出しだので念の為、梢ちゃんが持っていたカップ麺のつゆを水槽に入れた途端、魚が苦しみだして死んでしまい、
毒は箸に付いていたと判断するんだけど、
原作では引き出しに入っていた箸を美雪ちゃんが偶然見つけたことになっているので、
美雪ちゃんが犯人だと疑われることもあったんだけど、この辺りは変更されたみたいですね。
で、ラーメンを食べ終えた宝樹さんがカップ麺の容器の底に貼り付けてあったカギに気付くんだけど、
麺をかき混ぜる時に気付きそうなものですが、まぁいいか(笑)
でも毒は入ってなくとも、カギが入ったカップ麺も食べたくはないですけどね(苦笑)
カップ麺が激辛系でつゆが真っ赤だったのはカギを隠す為だったのか…とアニメになって色が付くとより解かりやすいです。
結局、このゲームでも1人の犠牲者も出さず全員生還。
次のゲームへ向かう為移動している最中、生馬が梢ちゃんにワインの勉強をしていてロマネコンティを飲まない?と誘うと
それを聞いてた杉潤は不快感を示して梢ちゃんには借金があることを生馬にバラしちゃうんだけど、
その杉潤にも借金があったんですけどね。

一同は更に次のゲームへと進み、ゲームマスターからはこのゲームが最後になると告げられ、
この部屋のどこかにカギが隠されていて、それを見つけた一人だけ助かるというので探す一同。
でも探す時はエチケットに気を付けろと何やら意味深も意味深な忠告があったので、何か考えながら探す中、
トイレに入った生馬がエチケットに隠された真の意味に気付き、これで自分だけが助かったとこの時に確信…
したんだけど、結局そのエチケットに気を付けたはずの生馬がゲームオーバー(死亡)となってしまうんですが、
後でその意味が判るんだけど、そんなの金持ちのボンボンくらいしか判りませんよ!
生馬が倒れていたトイレの中にかけてあった額縁が外れていて、その裏にはテープで固定されている部屋のカギと、
その周りには毒付きのトゲトゲがびっしりと仕掛けられていたので、エチケットを守らなかった生馬は結果として
その毒に触れた事で死ぬことになったと推測していた時、部屋の中にガスが充満してきて徐々に息苦しくなり
次々と倒れはじめる一同。
窓を叩いていた宝樹さん、窓格子が付いているとはいえガラスを割ればガスが外に漏れて助かるのでは?と思ったけど
実行する前に意識を失ってしまいそうで、よくよく考えたら無理でした汗すみません汗
美雪ちゃんもついに倒れて意識を失い、はじめちゃんも徐々に意識が遠のいていく中、
(予告編では絶対に美雪は守るって言ってたのにー!)
傍らに倒れている美雪ちゃんに対し、



「ごめんな…美雪…守って…あげられなくて」


と、美雪ちゃんを守ってあげられなかった悔しさと無念と色々な想いの中、意識を失い死を覚悟したはじめちゃん…
(絵を描いておくと判りやすくていいな〜)
不謹慎ながらこの辺りのはじめちゃんのセリフにきゅんきゅんしてましたうふふハート (詳しくは別記事を参照・笑)
意識を失う前のはじめちゃんの切ない震える息遣いがどーにも堪らない私ですkyuキャー(笑)
前作のはじめちゃんではこの様な台詞は出ないだろうな…ちょっと大人に成長してきてるのかな?
アニメオリジナルのこの台詞が聴けて本当に嬉しいですハートうっとりハート流石!松野さんですキラリ
勿論、2人とも大丈夫なのは判りきっていたけど(笑)、この台詞にちょっと動揺してたのはここだけの話(笑)

意識を取り戻すとそこは病院で、剣持警部から遊園地帰りの行方不明の客が拉致されて廃墟の病院にいると通報があって
助けだしたと聞かされたんだけど、通報したのは犯人自身ってことになるのかな?
目を覚ましたはじめちゃん、兎にも角にも開口一番「美雪は?美雪はどこだ!?」と慌てふためくので、
とにかく落ち着け!と剣持警部。
これより少し前の台詞できゅんきゅんしっぱなしの私もついでに落ち着かせてくださいハート剣持警部(笑)
はじめちゃん、美雪ちゃんのことは心配しなくても隣のベッドでスヤスヤ眠っているからさ!
ふと思ったけど、
2人とも危険な目に遭って意識を失った後、助け出されてどちらが先に意識が戻るかで、その後の行動が分かりますね。
美雪ちゃんが先に意識が戻ってると、はじめちゃんは慌てることもなく普通に意識が戻っているんだけど、
はじめちゃんが先に意識が戻ると、とにかく美雪ちゃんの安否確認をしようと慌ててるかな。
どれだけ美雪ちゃんのことが好きで好きで大切で大切で堪らないんだよ!はじめちゃんと、いじらしくもあります。
それで付き合ってないなんて凄いです。
結構仲良しな2人を描いてる自分の中でも2人は付き合っていないことに一応なってます(笑)
遠足でも旅行でも休みの日でも、当日より前の日が楽しいと同じで、付き合う手前がいちばんいいんですよねハート

話がそれたので感想に戻って(笑)、
剣持警部から美雪ちゃんは催眠ガスで眠っているだけでケガもなく間もなく目を覚ますと聞いて、
心底ホッとするはじめちゃん。
その他4名も救出されたけど、事件現場には親子二体の遺体が発見されたときいて、
ゲームと称して命をもてあそび、2人を殺したゲームマスターの正体は必ず暴く!と、じっちゃんの名にかけて!
これがRでは最後の名にかけてなんですよね…

全員を殺すはずだったのに、何故そうしなかったのかいくつかの違和感を感じるはじめちゃん。
剣持警部に頼んで生き残った4人のメンバーからの事情聴取をこっそり聞かせてもらっていると、
その中に1人だけ怪しい人物がいたことが分かったけど、動機が分からないとはじめちゃん。
そこへ明智さんから電話が入り、殺された霜村親子のことを調べていると母親の莫大な遺産を相続する可能性のある人物が
今回のゲームに参加させられていたことを告げられると、何故ゲームマスターが霜村親子をターゲットにしたのがが判り、
手がかりは現場にあるはずだと、廃墟の病院に戻って検証することに。
その前に、明智さんからの電話の「遊園地で行方不明になったと聞いた時はまたかと思いました」を聞いて、
遊園地で黒ずくめ奴らの怪しい取引きを目撃しなくてよかったねと、ちょっと思ってしまった(笑)
はじめちゃんなら関係のない事件に自ら首を突っ込むことはしないので、その心配はないと思うけどね(意味深で嫌味な笑)
 
生馬が殺された現場でゲームマスターの言ったエチケットのことが引っ掛かかると、
それを聞いた剣持警部がエチケットならここにあると言い、何のこっちゃ?どういうことが解からない2人。
剣持警部の奥さんが凝りだしたものが実はエチケットだと教えられ、何かに気付いたはじめちゃん。
次に生馬の母親の志保が殺された現場に移動した時、そこにあったモニターが遊園地のゾンビが出るアトラクションの
モニターと同じロゴが入っているのに気付いた時、あるモノをポケットに入れたまま返すのを忘れてたことに気付き、
あるトリックを使えば霜村親子を殺した理由も犯人も何もかもハッキリ判り、謎はすべて解けた!宣言
この謎はすべて解けたもここで聴き収めなのね…
ここでFile.2終了。

次回は解決編で最終回。
散々絵が残念とか愚痴の様に言ってきたリターンズですが、終わるとなるとやっぱり残念です。
せめてもう半年くらい観たかった…
ダラダラとムダに長く続くよりはいいのかもしれないですね。
最終回がゲーム館なのでどう終わるのか全く予想できず、不安でもあり楽しみでもあり複雑な胸中です。
高遠さんから挑戦状みたいなのが届いて旅には出ないけど(笑)必ず捕まえてやる!みたいな宣言で終わるのかなぁ??
TVSPのラストみたく、また今度な!のテロップ付き?今度っていつよー!また7年先?(苦笑)
まだラスト1回あるので、Rのアニメとして最後の謎解きを見守りたいと思ってます。

今回は感想よりも、はじみゆ感想になってる気もしますが、最終回直前なので語らせてもらいました(言い足りないけど・笑)
感想も残すところラスト1回。
最終回は書きながら泣いちゃうかも…泣く
ここまで読んでくださって本当にありがとうございますうっとり
2014.09.24 Wednesday * 23:37 | 金田一少年R(アニメ感想) | comments(0) | -
* スポンサーサイト
2019.08.09 Friday * 23:37 | - | - | -
Comment









<< 薄れゆく意識の中で | main | 彼岸花 >>